2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.09 (Fri)

「防火窓で性能偽装」...残念

一昨年から続いた各業界の「偽装」で何時かは私達の業界にもと思っていましたが、ついに昨日「防火窓」で「性能偽装」が発覚と新聞・ニュースで知り残念です。

日経NETの関連記事から

『国土交通省は8日、トクヤマの子会社の樹脂サッシ大手、エクセルシャノン(東京・港)など5社が防火窓の性能試験で偽装工作し、不正に国交相の認定を受けていたと発表した。不正に認定を受けたのは27種類の防火窓で、北海道などの寒冷地の一戸建て住宅を中心に約5500棟に使われている。いずれも耐火基準を満たしていないとみられる。

 ほかの社は、三協立山アルミ(富山県高岡市)、新日軽(東京・江東)など。エクセルシャノンは「コストが安くなるため偽装した」などと説明。国交省は性能確認や改修を指示した。

 偽装があったのは、2003―08年に国交相認定を受けたプラスチック製の防火窓。5社は同じサンプルを使い、共同で国交相認定試験を受けたが、窓枠内にある黒鉛製の防火材を増やすなどして耐火性を水増しした試験体を使ったという。』

【More・・・】

製造を担う共同出資会社PSJ(東京・中野)には08年に同業大手のトステムや不二サッシも出資し、業界全体で樹脂サッシの普及を目指していたとの事です。

ニュースを見ると1窓1万円のコストダウンになっていたようで、同じ業界で厳しい状態を経験している私としても同情したい気持ちも...

建築業界のA設計の構造計算書の偽装から始まり、硝子業界・シャッター業界のカルテルそして、サッシ業界の偽装と建築業界全体の厳しい中淋しい限りです。

直接樹脂サッシの販売は少ないエリアですが、アルミは大丈夫?と思ってしまうのが辛いですね。
2009年のスタートにアゲンストの風が吹き荒れる建築業界です。
厳しい...

***PS***
話題豊富なTFC-NETはこちらへ
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス

13:00  |  PRESIDENT  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。