2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.28 (Sat)

トステム ビルダー経営セミナー in TSR大阪

27日はトステムショールーム大阪にて、「ビルダー経営ソリューション」セミナーが開催され、取引ビルダーさんが出席されるので、私自身の勉強も兼ねて出席してきました。
15


内容は工務編・営業編・設計編と三部制で行われました。
4

私は午前中現場で予期せぬトラブルが発生した為、午後1時からの二部の営業編から参加する予定が、電車に乗れず30分遅れで到着です。

【More・・・】

営業編のテーマは「団塊世代目線の住宅営業」で次なる住宅市場のターゲットを探るで、講師は元大手住宅メーカーにいて、現在はビルダー支援を担当されている先生です。

団塊世代にも退職金・所得・貯蓄等で格差が大きい事が分かります。
1

資金計画がしっかり出来る住宅営業マンでないといけない。


団塊世代の富裕層(良い顧客)をつかむかがPointです。
身だしなみ・時計(ブランド)・車(ベンツ、レクサス)訪問時に必ずチェックする項目との事です。
9

退職金も3,000万以上になると住宅への投資を考える。
公務員に退職前からPRしておく必要がある。


その団塊世代の人の老後の理想の住宅は、男が「平屋」で女性が「マンション」が一番です。
5

営業マンの提案の仕方にも工夫が必要です、女性へのポイントは「手書きのパース図」が書けるような営業マンでないといけないとの事。
この年代は情報はインターネットで得ているとの事。


当然大手ハウスメーカーは富裕層向け商品をだしているので、キャッチコピー等を勉強するようにとの事。
6



団塊世代は様々な経験を持つ大ベテランなので、営業は中堅・ベテランが一番難しく、一度失敗したら『そんな事しらないのか?』と引かれてしまう。
7


住宅営業は若く(自分の子供世代)てスピード対応が出来る事がベターとの事。
顧客の営業マンを見る目は厳しい!
8


購入は納得しないと購入しない!
10


名刺の作り方や・公共のサイトへのバナー登録等でPRする事や、ショールーム等でのイベント開催も必要との事。
(私が取組んで入る名刺・バナーはマッチしています)


三部の設計編は、「ライフスタイル層別による住宅提案」です。
キーワードは「MIX」との事。

「スローライフママ」のプロフィールは愛用車ホンダで、住宅の一番のポイントは採光&通風
「頑張るストレスママ」のプロフィールは愛用者は日産で、住宅の一番のポイントは間取り
「アーバンライフエンジョイママ」のプロフィールは愛用車はBM・アウディー等の外車で、住宅の一番のポイントは採光&通風でこの層は富裕層に多いようです。
テーマ別に「MIX」した、設計ポイントのコンセプト説明がありました。

最後に「団塊世代趣味の家」でセカンドライフを楽しむ夫婦の趣味の家のパースです。
12 13

まとめとして、お客様の感性価値を満たすニーズに合った提案が営業マンに求められるので、トステムとしてもご支援していきますとの事でした。


売れない住宅営業マンが多発しているのが分かるような現状の厳しいセミナーでした。
勉強になりありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス

18:00  |  トステム関係  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。