2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.01.31 (Thu)

藤田工務店様 プレミアムステージ2008 in トステム久居工場

30日(水)に岡島トーヨー住器の栗東支店の三浦担当先の藤田工務店様を三重県のトステム久居工場にお迎えして、プレミアムステージ2008のプレゼンテーションを行いました。
A


トステム久居工場(三重県津市戸木町字赤部5081-4)
B C 工場


滋賀県草津市の藤田工務店株式会社の藤田専務様
宮村太設計工房の宮村先生
D E

お二人とも『100年の住まいを造る会』のメンバーで、藤田工務店様と宮村太設計工房様はコラボレーションされています。

遠いところありがとうございました。

【More・・・】

私は関ヶ原本社から車で1時間50分掛けて久居工場へ先到着し、スタッフとお客様を玄関で迎えました。

ご到着後スタッフと名刺交換をさせていただきました。
F

藤田専務様の名刺入れは桧で出来ていました。


開始前のご休憩でコミュニケーションを取らせていただきました。
G

トステム滋賀北営業所の鐡所長・清水君と小林君(ドア引戸事業部所属)
鐡所長と清水君連日ご苦労様です。


午前11時となりプレミアムステージ2008のスタートです。
清水君のプレミアムの意味説明とTFCの説明(今日は噛みませんでした)
そして、トステムの京都支社の組織説明。
H

清水君がたんだんたくましく成って来ました。


始めは鐡所長の住宅や他業種においても女性がキーワードで、インテリアがトレンドのPointの説明。
I

近藤典子さんのセミナーが3月22日トステム岐阜ショールームで有ります。
(完全予約制で応募多数の時は抽選です。)


集客が多かったチラシの内容や分譲地の仕掛け方など参考になる内容で、お客様はメモを取られながら聞き入っていただきました。
K

鐡所長のプレゼン力が素晴らしいから引き付けられます。


ドア引戸事業部の小林君はサッシについてハウスメーカーの使い方の特徴でのトステムのお薦め商品のPR
L



午前中のプレゼンが終了し、ご昼食ですが内容が充実しすぎて15分程しかありませんでした。
食事後は応接室で若林現工場長と中川新工場長とコーヒーブレイクでご休憩。
M



時間となり午後の工場見学の前に若林工場長の歓迎のご挨拶
N

本日でご転勤との事で残念ですがお別れの挨拶になりました。
ご苦労様でした。


工場概要の説明は久居工場の川口さん
12

久居工場での生産品目の説明。
サッシの規格商品はほとんど大連に移管しているようで、特注等の小ロット多品種を製作しているとの事です。


工場内は鋳造⇒押し出し⇒切断⇒塗装⇒加工⇒部品付け⇒梱包の順で見学しました。
14

正面から写真を撮ると設備が写るのでNGです。


工場のご見学後はショールームのご見学
15



ショールームにはこんな商品の展示があります。
16 17 18

3パターンの玄関ドアのイメージ


玄関ドアの事ならスペシャリストの小林君です。
19

CAZASキーシステムの説明もばっちりです。


久居工場はサッシの工場なので色の特徴や硝子との関係を説明するボードもあります。
21 22


オープンウィンの説明
23

このオープンウィンのスライディングはシンフォニーウッデイータイプでここにしか展示がありません。


このワイドウィンのサイドスライドはデカイ
H=2830mmの特注製作範囲の最大寸法で作ったとの事
25

私が手を伸ばしてもこんな感じで、キャッチフレーズが『天井まで届く高さ2830の大開口』ですが、『天井を超えた高さ2830の大開口』に訂正してほしいくらいです。


工場長命令で『作るなら特注最大を作れ!』との事で作ったらしいのですが、FIX部分だけで硝子がPGで120kg以上あり、サッシが壊れる前にサッシ屋の体が壊れます。


搬入方法は枠を現場で組立てをして下さいとの事でした。
サッシ屋のトラックの馬の上では高さ制限オーバーに成るから...


秘密の部屋(見た事の無い超オーダー)は閉じていましたが、この工場は規格に無い事が本当に得意のようです。
お金を掛ければ出来ると言う事です。


他の展示は久居工場で製作していないトステム商品です。
a d

リビング建材    スーパーウォール


水周り商品
b c

キッチンのクレディア    バスルームルキナ (New Name La・BATH)


ショールームのご見学後は私から私のブログTFC-Netのご説明で、藤田工務店様の住つくりのお役に立ちたい事と本日のお礼を申し上げました。
e

Web上での説明でリアルに成ってきました。
TFC-Netの工務店紹介コーナーの岡島トーヨー住器の掲載条件もお伝えしました。


最後に担当の三浦が本日のお礼を述べました。
f

藤田専務様から三浦は何時も『熱い男!』と言われているようで今後も熱く行きますとの事です。


時間となりお見送りです。
g

藤田工務店専務様と宮村先生ありがとうございました。


スタッフの皆さんありがとうございました。
お疲れ様でした。



***本日の活力のお弁当***
100

時間の関係でゆっくり食べれませんでしたが、豪華Versionで美味しかったです。


スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス

タグ : 岡島トーヨー住器

11:58  |  プレゼン関係  |  コメント(2)

Comment

藤田専務様へ
お忙しい中ありがとうございました。
今後も藤田工務店様の住つくりをお手伝いして行きたいと思います。
次回の見学会を楽しみにしています。
今後も宜しくお願い申し上げます。
感謝
M.SUGIYAMA |  2008.02.02(土) 07:26 | URL |  【編集】

鐵さんはじめトステムの皆様、またご企画いただいた岡島トーヨー住器の皆様、
大変貴重な体験・勉強の機会をいただき本当にありがとうございました。
盛大な歓迎と熱心なプレゼンから「工務店によくなってほしい」というお気持ちがよく伝わりました。

鐵さんのプレゼンからは、すぐにでも実践できるような大きなヒントをたくさん得られました。

小林さんのプレゼンでは、膨大な数のデータからはじき出された住宅トレンドのまとめが特に勉強になりました。

川口さんの工場概要説明においては、省スペース化の部分が経営の観点から見てとても興味深かったです。時間があればもう少し詳しく聞きたかったです。

工場内でも従業員さんから大変わかりやすい説明を受け、その主体的な様子に感動しました。

加工場では予想に反して人がたくさんおられたのでびっくりしました。宮村さんとも話していましたが、「手づくり」感を感じましたし、これからもっとサッシを丁寧に扱わねばと思いました。

長文になってしまいましたが、アンケートを書けずに帰りましたのでそれも兼ねさせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

PS 三浦さん、往復の運転お疲れになられたと思います。本当にありがとうございました。
藤田 |  2008.02.01(金) 17:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。