2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.12.26 (Wed)

さすが社寺建築スペシャリスト営業マン

先日、長浜市の社寺建築さんの幸督興業さんのお寺の現場に、岡島トーヨー住器の彦根本店の冨田部長と同行しました。
寺1


以前は別の営業マンが担当していたのですが、お客様満足の一環で岡島トーヨー住器が誇る社寺建築のスペシャリストの冨田部長に担当を替えました。
寺2


当日は現場の引継ぎを兼ねてアルミ建具の寸法取りをしました。

【More・・・】

以前はお寺の本堂は木製建具を入れる事が多かったのですが、最近はすき間風等で寒いとの事でアルミ建具を入れる事が多くなりました。
建具

アルミ建具枠付きの時の状況

木製建具でも滋賀県の琵琶湖南部の社寺建築の現場の建具は、岡島ハウス産業が建具工事をほとんど請負しています。
木製

木製建具ならこんな感じです。

この現場はアルミ枠付きのアルミ建具ならまだ良いのですが、この現場は枠無しでアルミ建具のみ製作します。

冨田部長が寸法を取り出してさすがスペシャリストは違うと感じました。


なんでもない採寸中の写真
冨田1

高さは数箇所確認します。


当たり前ですが確認し図面に寸法記入
冨田2



しかし、ここからがスペシャリストは違う

スケールで採寸しているので左右の柱の太さ等が違いスケールが曲がるので誤差が出る。

スケールで採寸後今度は、1Mの基準(中間程)を敷居にチェックして反対から採寸しチェック。
冨田3

最近はデジタルのレーザータイプの採寸機もあるのですが、アナログのスペシャリストは機械を信じない ある意味凄い。


全て採寸後、もう一度チェックします。


持参している必需品の尺金はさすが。
尺金

柱に鴨居・敷居が入っていない時等に目地から高さ位置を出す。


車にはスケール確認で高さが届かない時の為に3尺脚立もありました。


寸法間違いの多い営業は昔からお客様の信用を無くし売れなくなるが、売れる営業はお客様から信頼されますます注文が来る。


売れる営業マンのスペシャリストの凄さを見ました。
他の同業者さんは当たり前なのかも知れませんが...


岡島グループの寸法違いの多い営業マンは真似ろ


***PS***
最近このようなアルミ建具を製作出来る(ガラス入り完成品)加工店がほとんどなくなりました。
岡島トーヨー住器の製作を依頼しているY社の加工店も高年齢化で、どこか製作可能な加工店をご存知の方は教えて下さい。

時代を逆行する需要の為


スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス

06:53  |  営業マン関係  |  コメント(3)

Comment

明神社長へ
何時もありがとうございます。
さすが社長のようなPROは違います。
M.SUGIYAMA |  2007.12.26(水) 21:38 | URL |  【編集】

立派な建物ですね。
ついつい木材に目が行ってしまうのは職業柄ですかねえ。
神社仏閣の木材も大変難しいものです。
何軒かやりましたがなかなか見積もりもむつかしいものです。
ノンちゃんのだんな |  2007.12.26(水) 20:09 | URL |  【編集】

10数年前にこのような物件を3つほどやりました。フロントとアトモスとアルミ建具との混成だったような覚えがあります。
そうなんです。柱が太く、間口もあるので、販売店さまの営業の方と半日近くかけて、採寸しましたよ!
TFC部宮下です |  2007.12.26(水) 11:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。